.

早漏治療|病院での治療法

病院での早漏治療法は外科系と内科系があります

早漏治療|病院での治療法

早漏の改善方法はいくつかありますが、病院での早漏を防止する治療方法を紹介します。

 

日本の病院での早漏治療は外科系と内科系の2種類の方法があります。
外科系と内科系の違いを表にしてみます。

 

外科系

 

 基本的に手術で治す。
 診療科目:形成外科・泌尿器科等が多いみたいです。
 考え方:早漏の原因を亀頭の過敏さや自分のペニスに対するコンプレックスにあると考える
 包茎の手術、亀頭増大手術、陰茎増大手術などをすすめる
 費用:非常に高額。

 

内科系

 

 早漏治療薬で治す。
 診療科目:内科・泌尿器科
 考え方:脳内ホルモンの分泌バランスや自律神経の失調にあると考える。
 セロトニンなどの神経伝達物質に作用する薬を処方する。
  (EDの専門外来などが行っている早漏治療はこのタイプです)
 費用:特別高額ではない。

 

 

上記の手術のなかで包茎手術は大きなリスクはありませんが、肝心の効果が疑問です。亀頭増大手術や陰茎増大手術は、皮下にシリコンなどを入れることで感覚を鈍らせる効果と、コンプレックスを解消して自信を持つことで、早漏を改善しようとするものです。これも心理的効果以外は「感覚をにぶくする」という考え方です。費用がかなり高額でリスクがある割には効果は限定的です。

 

早漏の実態は、すぐに強い快感を感じてしまうことではなく、ごく弱い快感ですぐに射精してしまうことです。亀頭が感じる快感を減らすことで早漏を改善しようとすると、「どこまで亀頭を無感覚にすれば済むのか」という問題にすぐ突き当たってしまいます。

 

 

海外の国での早漏治療法

早漏治療の先進国アメリカでは、早漏の原因が神経伝達物質の作用が原因と認識されており、『ダポキセチン』と呼ばれる早漏治療の成分が早漏男性の射精時間を大幅に延長させると立証され、ED外来や泌尿器科では、ダポキセチン配合の「プリリジー」、安価なジェネリック薬(ポゼット、エバーラストなど)が早漏改善の特効薬として広く普及しています。

ダボキセチン成分の早漏改善薬

ポゼット60mg
ポゼット

★ポゼットは早漏治療の内服薬プリリジーのジェネリック医薬品です。
★ポゼットは長持ちさせるだけでなく、性感と射精感を高めるお薬
★成分ダボキセチンは脳の神経伝達物質のセロトニンやノルアドレナリンに作用して射精中枢の興奮をしずめて、早すぎる射精反応を抑制します。早漏の原因を亀頭の過敏さにあるとして、麻酔剤などで亀頭の感覚をにぶらせるこれまでの早漏対策とはまったく別の発想による早漏治療薬です。
※1箱でもいいが3箱まとまるとコストが下がります。(3箱だと1箱あたり約1,386円)
ダボキセチン30mg〜60mg1日1回経口服用してください。

1箱 10錠

3箱 30錠

5箱 50錠

3,312円

5,022円

6,555円

1箱換算3,312円

1箱換算1,674円

1箱換算1,311円

購入ボタン

ポゼット30mgもありますが、ピルカッターなどで半分にカットしますとコストも下がり非常にお得!

米国ではダポキセチンの効果測定に、数千人の早漏男性がモニターとなった臨床試験で高い効果が確認され、プリリジーという商品名で世界初の早漏治療薬が生まれました。

 

ポゼットはこのプリリジーのジェネリック品なので、コストが大幅に下がりかなり経済的です。

早漏治療薬の先発品プリリジー60mgとジェネリック『ポゼット60mg』のコスト比較

ダポキセチンの成分を含有している薬品のコストを比較してみましょう。
※ポゼットはプリリジーと同じ60mgのもので比較

プリリジー3錠 ポゼット1箱 ポゼット3箱

錠数

3錠

10錠

30錠

価格

15,000円

3,312円

5,022円

1錠あたりの価格

5,000円

331円

168円

商品ページ

某クリニック参考

詳細・注文

詳細・注文

 

臨床試験結果では早漏治療薬の成分ダポキセチンの効果は3か月、6か月と続けることにより更に早漏防止、早漏改善効果がでてきます。(射精までの時間が以前より次第に延長されていきます。)

 

根気よく継続していくことで必ず早漏による射精の暴発を阻止し、自信を持てるようになるよう応援いたします。


ホーム RSS購読 サイトマップ